Japan – Israel Innovation Summit|ジャパン・イスラエル・イノベーションサミット

イスラエルイノベーション視察プログラム
日程:2020年2月1日(土)~6日(木)

(現地プログラム日程)

イスラエルイノベーション視察プログラム
日程:2020年2月1日(土)~6日(木)

(現地プログラム日程)

イスラエルイノベーション視察プログラム
日程:2020年2月1日(土)~6日(木)

(現地プログラム日程)

イスラエルイノベーション視察プログラムとは・・

中東のシリコンバレー。人口1人当たりのハイテク新興企業数が世界一といわれるイスラエル。その「起業大国」としての文化は世界中に広がっています。GAFAと呼ばれるあのシリコンバレーのメガベンチャーたちをはじめとした多くの世界的大企業がこぞって同国スタートアップ企業を買収し、イスラエル国内に研究・開発拠点を設置しています。その背景には、近隣国との宗教的な対立による軍事産業の発達や、狭い国土における超高効率な農業の発展に伴う最先端テクノロジーがあります。

日本能率協会では、そのイスラエルと日本をつなぎ、イノベーションを促進させることで日本産業界に寄与することを目的とし、2017年11月に「Japan-Israel Innovation Summit 2017」を初開催いたしました。 2017年に引きつづき、「Japan-Israel Innovation Summit 2018」では、イスラエル最大のベンチャーキャピタルであるピタンゴVCの共同創業者ヘミ・ペレス氏による基調講演をはじめ、欧州大手自動車メーカーとイスラエルのスタートアップのジョイントベンチャーによる新価値創造の事例や、日本企業によるイスラエル進出の成功事例などをご紹介しました。

そして、今回は、現地の熱量をそのまま体感し、日本未進出のスタートアップ企業や、8200部隊、タルピオットと呼ばれるイスラエル軍情報セキュリティのエリート部隊出身者たちが形成するエコシステムとの接点を得ることを目的とし、起業大国と呼ばれるイスラエルへの視察を行います。シリコンバレー、深センに並ぶイノベーション創造が進むイスラエル。実際にイメージしているイスラエルとはまったく異なる顔を見せるこの地へ現地官公庁、大学協力の下、開催いたします。

SCHEDULE

確定次第お知らせします。

OUTLINE

名  称 :
イスラエルイノベーション視察プログラム
主  催 :
一般社団法人日本能率協会
日  時 :
2020年2月1日(土)~6日(木)(現地プログラム日程)
定  員:
20名(最少催行人数:8名)

法人会員ご入会の有無につきましては、下記HPにてご確認ください。

参加者インタビュー