スピーカー – Japan – Israel Innovation Summit|ジャパン・イスラエル・イノベーションサミット

SPEAKERS

2018 スピーカー紹介

  • HOME
  • スピーカー

基調講演 KEYNOTE

志賀 俊之 氏

日産自動車株式会社 取締役

株式会社INCJ 代表取締役会長(CEO)

生年月日:1953年9月16日 出身地:和歌山県 学歴:1976年3月 大阪府立大学経済学部卒業

経歴:

1976年4月
日産自動車株式会社入社
1990年1月
同社アジア大洋州事業本部アジア大洋州営業部 主担
1991年10月
同社アジア大洋州事業本部アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長
1997年3月
同社企画室 主担
1997年7月
同社企画室 主管
1999年7月
同社企画室長 アライアンス推進室長
2000年4月
同社常務執行役員
2005年4月
同社最高執行責任者
2005年6月
同社代表取締役 最高執行責任者
2013年11月
同社代表取締役副会長
2014年4月
公益社団法人 経済同友会 副代表幹事【現任】
2015年6月
日産自動車株式会社 取締役副会長/株式会社INCJ 代表取締役会長(CEO)【現任】
2017年6月
日産自動車株式会社 取締役【現任】

基調講演 KEYNOTE

ネヘミア (ヘミ) J. ペレス

Managing Partner & Co-Founder Pitango V C

$20億ドル以上を運用し230社に上るハイテク企業をポートフォリオに持つ、イスラエルを牽引するベンチャーキャピタルグループ Pitangoのマネージング・ゼネラル・パートナー兼共同創設者。Taboola, Via Transportation, Radwin等のPitangoのポートフォリオ企業の役員も務める。 ペレス氏はイスラエルにおけるインパクト投資分野におけるパイオニアでもある。Pitangoとイスラエル政府間の官民パートナーシップにより成立した、イスラエルのアラブ少数民族を支援するAl-Bawaderの会長であり、Impact1stというイスラエル初のテクノロジー関連プラットフォームへのインパクト投資会社の役員、ソーシャルインパクトボンドのプラットフォームであるSocial Finance Israelの役員も兼務している。 またペレス氏はペレス・センター・フォー・ピース・アンド・イノベーションのセンター長でもある。テルアビブ大学では生産管理工学および経営学の学士号を取得。イスラエル航空宇宙軍ではパイロットとして従軍していた。

事例紹介 SHOWCASE

オーレン・ショーバル

Co-Founder and CTO of Via

オーレン氏は、ダイナミックなオンデマンド交通ネットワークであるViaの共同創設者兼CTOである。以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーでストラテジー・ビジネスコンサルタントとして勤務後、イスラエル航空宇宙軍にて10年間戦闘ジェット機向けのリアルタイム航空電子システムの開発を行う。ワイツマン科学研究所で複雑系生物現象における単純化パターンの研究に専心、同研究所より博士号を取得した。また電気工学の修士号、物理学と数学の学士号を持つ。
ViaはJIIS2017で講演していただきました。講演資料はこちらからダウンロードできます。
» ダウンロードはこちらから

パネルディスカッション

ギル・ゴラン

Executive Director

ギル・ゴランは、General Motors Advanced Technical Center, Israelのエグゼクティブディレクターとして革新的な自動車の開発、そして完全自動運転・自動走行車やコネクテッド・カー、都市モビリティ、ユーザー・エクスペリエンス、デジタル・ライフスタイルを実現するソフトウェア・ハードウェアのテクノロジー開発を指揮している。 1990年代よりGeneral Motorsに入社、ミシガン本社にてGM Research and Developmentディレクター、GM Corp Venture Capitalディレクターなどを歴任。 イスラエル テクニオン大学 理学修士号、ハーバードビジネススクールを経てスタンフォード・グラデュエート・スクール・オブ・ビジネス経営学修士(MBA)課程修了。

パネルディスカッション

川原 昌太郎 氏

CEO Mobileye Japan Ltd.

川原昌太郎は、ニューヨークでコンピュータービジョン・テクノロジー関連のスタートアップを共同設立後の2002年にモービルアイに加入。日本市場開拓を担当したのち、イスラエル本社の日本支社設立に伴い2006年株式会社モービルアイジャパン CEOに就任、現在に至る。

モービルアイ

モービルアイは1999年創設、2014年のNYでのイスラエル企業の買収過去最高額でのIPOを経て2017年よりIntel傘下に加入した。 モービルアイは、EyeQと呼ばれるADAS (Advanced Driver Assist Systems)を実現するSoCとソフトウェア一式を世界最大規模の企業を含む25社以上のオートメーカー・パートナーに供給する先進的サプライヤーである。自社テクノロジーは過去3、4年で自動運転の三本柱であるセンシング、マッピング、運転ポリシーをもサポートするようになるなど、急激に進化し続けている。

パネルディスカッション

カプリンスキー 真紀 氏

NFT Inc, 共同創設者 & CEO

シリアルアントレプレナー。 日本で育ち、イギリスにて学士号、イスラエルにて修士号を取得。2017年に日本とイスラエルの先進技術を融合したスタートアップIQP Corporationを米GEデジタル社に売却。 IQPはコードレスでアプリケーションを自由自在に開発できるシステムで、日本とイスラエルの2拠点で開発した。 現在はシリコンバレーに在住し、スタートアップNFT Incを経営。シリコンバレーとイスラエルにエンジニアリングチームをもち、陸空両用eVTOL (電動モーターで垂直離着陸) の空飛ぶクルマを開発中。日本にも拠点を持つ予定。

パネルディスカッション

久村 春芳 氏

日産自動車 フェロー

1981年、東京工業大学大学院修士課程機械工学専攻修了。同年、日産自動車株式会社入社。同社総合研究所動力環境研究所主任研究員、主管研究員、動力環境研究所所長を経て、2005年同社総合研究所所長となる。2006年に同社総合研究所担当執行役員となり、2009年4月より同社フェローとしてテクノロジーインテリジェンスを担当。2012年、横浜国立大学から博士(工学)の学位授与。

パネルディスカッション

髙田 明 氏

代表取締役社長

大阪大学工学部電子工学科卒業。 株式会社リコー電子デバイス事業部にて、EPROM、PLD、DSPの設計開発、シリコンバレースタートアップ企業との共同事業に携わり、1990年株式会社メガチップスの創業に参画。 同社の事業基盤構築とキーパートナーとの関係構築に貢献し、2011年に代表取締役社長就任。 以来、同社グループのさらなる成長を見据えたグローバル化、ビジネスポートフォリオの最適化を進め企業価値の向上を牽引している。

パネルディスカッション

ジム・アドラー

Managing Director and Board Member

Toyota AI Venturesの設立に携わり現在マネージング・ディレクターを務めToyota Research Institute (TRI) の相談役も兼務。その他、JetBlue Technology Venturesの投資委員会では投資判断に関わり、米国国土安全保障省のデーター機密性・信頼性に関する諮問委員会にも出席する。 Toyota AI Venturesの前はTRIでデータ・事業開発部長を、それ以前はビッグデータの分析を手掛けるスタートアップMetanautix社(Sequoia Capitalが出資、後にMicrosoft社が買収)でプロダクト・マーケティング部門長を務めた。 それ以前のIntelius社(後にH.I.G. Capitalが買収)では、データシステム部門を率い個人情報保護管理責任者 (CPO)を務めている。さらに、暗号化が可能なインターネット投票システムの草分けであるVoteHere社 (Cisco Systems社、ヒューレット・パッカード社などが出資)を起業した起業家でもある。Lockheed Martin社でエンジニアをしていた経験もある。 フロリダ大学で電気工学を専攻し優秀な成績で卒業、カリフォルニア大学サンディエゴ校では電気工学・コンピュータ工学で修士課程を修了している。

パネルディスカッション

イノン・ドレヴ

SOMPO Digital Lab Tel Aviv CEO

SOMPO Digital Lab Tel Aviv CEO。 2018年7月からSOMPO Digital Labに加入。 13年間、GE(General Electric社)でリーダーとして、マーケティングおよびビジネス開発を牽引。 2015年から2018年までイスラエルのGE Digitalのスタートアッププログラムの責任者を務め、スタートアップとのパートナーシップ、投資、買収を牽引した。 Interdisciplinary Centerにてコンピュータサイエンスの学士号、コーネル大学のMBAを取得。 趣味はセーリングやギター。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

コビ・マレンコ

Co-founder & CEO, Arbe Robotics

コビ・マレンコは、業界を牽引するテクノロジーおよびメディア分野においてシードステージから買収までの15年に渡るスタートアップ経験を持ち成功を収めている起業家である。アーべ・ロボティクス設立前は、モバイル DSPを開発、のちにマリメディアに買収されたタプティカの創設者兼社長、そしてモバイルコンテンツプラットフォームを開発しマンダレイ・デジタルに買収されたロジアの創設者兼CEOとして活躍。アーべ・ロボティクスでは、コビ率いるチームが自動運転を実現すべく、リアルタイム4Dマッピングを高解像度で提供する専売のイメージング・レーダー開発に取り組んでいる。

アーべ・ロボティクス

アーべ・ロボティクスは、事後解析およびSLAM (Simultaneous Localization and Mapping)を兼ね備えた超高解像度4Dイメージング・レーダーを世界で初めて実現。レベル4、5の車両自動運転向けの信頼性の高い発達したレーダー技術を光学センサーの高解像度と共に提供する専売のイメージングソリューションにより、レーダーとオプティクスのギャップを埋めた革新的な自動運転車両用センサーを開発。 テルアビブに本社を置き、中国・アメリカに事業開発、カスタマーサービス拠点を持つ。アーべ・ロボティクスは2015年に設立、360 キャピタルパートナーズ、 カナーン・パートナーズ イスラエル、アイエンジェルズ、マニヴ・モビリティ、タヤ ベンチャーズ、O.G. テックベンチャーズが出資している。 Tech.AD “Most Innovative ADAS Technology” Awardを受賞、TechCrunch Disrupt Tel Aviv Contestにて優勝している。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

ダヴィード・バールズィライ

Executive Chairman and Co-founder

ダヴィード・バールズィライは、起業家、ゴー・トゥ・マーケット経験を経てカランバ・セキュリティを創設している。ダヴィードは、サンマイクロシステムズのイスラエル独占ディストリビューターとしてビジネスのキャリアをスタートし、セールスの組織を統括し年間売上を1,000万ドルから3500万ドルまで成長させた。その後CEO兼共同設立者としてコンダクト・リミテッドを設立、コンダクトはのちにS&P 500 カンパニー (現マーキュリー・インタラクティブ (NASDAQ: MERQ) )により買収される。買収後はマーキュリーにてVPを2年間務めサータゴンを共同設立、CEOとなり、当初からロイター、ダラーレンタカーなどの有名企業への販売で早期に100万ドルを超える売上をあげるまでに導く。その後ダヴィードは、ヴォルテア (NASDAQ: VOLT) にてソフトウェアビジネス部門VPに就任、ヴォルテアのソフトウェア収益を1年で50万ドルから、全体収益7000万ドルのうち600万ドルを占めるまでに成長させた。ヴォルテア社がメラノックス・テクノロジーズ (NASDAQ: MLNX) に買収されると、ダヴィードはメラノックス社にて年間売上が2億6000万ドルから5億ドルまで増加した急成長期のマーケティング部門VPを務めた。 ダヴィードはテクニオン イスラエル工科大学よりコンピューターサイエンスの学士号を取得している。

カランバ・セキュリティ

カランバ・セキュリティは、業界最先端の自動運転車両、コネクテッド・カー向けサイバーセキュリティ・ソリューションを提供している。「カーウォール」 、「SafeCAN」を含む当社の自動運転セキュリティソフトウェア製品は、 ECU及び内部メッセージングバス のエンドトゥエンド車載サイバーセキュリティを実現。カランバ・セキュリティの受賞ソリューションは、ゼロデイサイバーアタックを誤認率ゼロで防止、ごくわずかなパフォーマンスへの影響と車両のソフトウェアへのシームレスな統合で通信の安全性を確保する。米国ミシガン州に本社を置くカランバはOEM やティア1の顧客ら17社と協業、賞を多数受賞している。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

エラン・シール

Co-Founder & CEO

エラン・シール は、自動車事故を世の中からなくすことを意図した人工インテリジェンスを搭載したダッシュカム・アプリケーションを開発した、ネクサーの共同創設者兼CEOである。 ネクサーの2015年初めの設立以前は、エランはテルアビブを拠点とするベンチャーキャピタルであるAlephに在籍する起業家であり、ビッグデータ、クリプトカレンシー、市場開拓に注力していた。彼はまたYahooのシニア・ディレクター兼クリエイティブ・イノベーション・センター長でもあり、クリエイティブ広告技術戦略及びポートフォリオ、次世代のパーソナライズド・クリエイティブ広告プラットフォームの開発の責任者であった。 起業に専心するまでは、エランは複雑系システム及びネットワークを主とする物理学者であった。 エランはヘブライ語、英語に堪能である。

ネクサー

ネクサーは、世界から自動車事故をなくすことを目指している。市販のスマートフォンとダッシュボードカメラで、世界初にして最大の安全運転ネットワークを生み出した。ネクサーはビジョンとセンサー融合を利用し、検知、記録、ドライバーへのリアルタイムの交通障害の警告をする、洗練された安全運転ツールを実現。近距離の車両をつなぐVtoVネットワークで、前方衝突警告でユーザーに伝え、効率的にドライバーが対処する時間の余裕を与えるなど、リアルタイムで各ドライバーの視界外で起きている危険な状況が発生していることを通知する。 今日までにネクサーのコミュニティは1億マイル以上、毎月1000万マイル以上利用されている。この道路交通と運転のデータセットは増え続け、世界で最も広範で多様化しているものの一つである。ネクサーはこのデータを深層学習アルゴリズムの改善に利用し、コミュニティにアップデートを提供している。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

ラム・シャロム

VP Business Development & Marketing, APAC

ラム・シャロムはビジネスデベロップメント、マーケティング、最先端テクノロジー製品の研究開発において10年間の経験を経てオートトークスを設立。 オートトークス以前はKupoya (ACTU-CCI.COMにより買収)の共同設立を含め、イスラエルの革新的なスタートアップ企業にて役員を務める。Kupuya以前には、Israel Defense Prizeを受賞したイスラエル国防軍エリート科学技術部隊の為の大規模なプロジェクトを指揮。 ラムはベン=グリオン大学を優秀な成績で卒業、電気工学およびコンピューター工学共に学士、修士号を取得した。

オートトークス

オートトークス (www.auto-talks.com) は2008年に設立。V2Xチップセット市場のパイオニアであり先駆者であり、最高水準のグローバルなV2Xソリューションを提供している。オートトークスは、乗用車に適したチップセットで道路上での衝突を減少させ、あらゆる場所のモビリティの改善をサポートする。このチップセットは、自動運転乗用車のために設計され、最先端の真に安全で高パフォーマンスのV2Xコミュニケーションソリューションを提供する。数年以内の量産展開を予定しているオートトークスの高度なテクノロジーは、見通し外の状況や悪天候、照度が乏しい条件下などでも他センサーからの情報を補完する。乗用車、自動運転車両、二輪車や歩行者を効果的にコーディネートすることで道路の全体的な安全性を大幅に向上する。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

ラヴィヴ・メラメド

CEO and co-founder

ラヴィヴ・メラメドは、ヴァイヤー・イメージングのCEO兼共同創設者である。ヴァイヤー設立以前はインテル・アーキテクチャ・グループのVice President、インテルのワールドワイド・モバイル・ワイヤレス・グループのGeneral Managerを務める。ラヴィヴは、イスラエルのファブレス・セミコンダクター企業であるEnvaraのインテルによる買収に伴い2004年より研究開発部門のVice Presidentoとしてインテルに在籍。それ以前はイスラエル国防軍にて大規模なレーダーおよび通信関連プロジェクトで様々な役職を歴任した。 ラヴィヴはイスラエルのベン=グリオン大学より電気工学の学士、修士号を取得している。

ヴァイヤー

ヴァイヤーは、世界で最先端のミリメーター波3Dイメージング用チップ上システムを開発している。ヴァイヤーのイメージングデバイスはコンパクト、低出力であり、プライバシーを侵害しない。このシステムはスマートホーム、ロボティクス、自動車、リテールほか多数の産業で利用されている。 ヴァイヤーのセンサーは、最新のRF技術をベースとし高解像度画像を生成する。膨大な数のトランシーバーと最新のDSPを融合することで高解像度・高精度の画像を実現。ヴァイやーのデバイスは、単体でも統合されるケースでも、スマートホーム、セキュリティ、自動車、リテール、高齢者介護など様々な市場において新たな可用性を切り開いている。 ヴァイヤーのパワフルでユニークなRFチップは、それぞれ72基ものトランスミッターとレシーバーで3-81ギガヘルツのイメージングおよびレーダー帯域に対応。 大容量内部メモリ付きの統合された高パフォーマンスDSPで強化されているため、ヴァイヤーセンサーはコンプレクスイメージング・アルゴリズムの実行に外部CPUを必要とせず、多数のシグナルが送受信、分析されることで高解像度3D画像の生成を実現している。 ヴァイヤーは特定のニーズを満たすテイラード・ソリューションを開発すべく、企業との長期パートナーシップを促進している他、企業がハンズオンでエクスペリエンスをするため、またインハウスでのアプリケーション開発を可能にする既製キットを提供している。 ヴァイヤーは‘Walabot’ ブランド下で自社消費者向け製品ラインも展開している

イスラエル企業によるプレゼンセッション

ドー・スクーラー

CEO and co-founder

ドー・スクーラーはシリアルエントレプレナーであり、21世紀社会の大きな課題を解決する人工知能制御ロボットを開発するという情熱からIntuition Roboticsを設立。これまでに共同創設してきたベンチャー企業の5社目となる。 ドーはイノベーティブなベンチャー企業を創設、統率すべくテレコム通信会社アルカテル・ルーセントに入社、世界初のCFV (Network Functions Virtualization)向けプラットフォームであるCloudband (NYSE:ALU)は、Nokiaにアルカテル・ルーセントを買収する動機と考えられている。 アルカテル・ルーセントのシニア・バイスプレジデントとしてドーはテレコム通信サーキットについて語り数々のメディアに登場、Global Telecom Business ’40 under 40’に2009年、2011年、2013年の3度にわたり選出された。 テンプル大学経営学、マーケティング修士。『Cloud Computing: Business Trends and Technologies』共著(2016年Wileyより出版)。テレコム通信、サイバーセキュリティ、社会的影響を与えるテクノロジー系ベンチャーのアドバイザー、ディレクターなどの役員を務める。

イントゥイション・ロボティクス

イントゥイション・ロボティクスは、独自の認識AIプラットフォームと革新的な意思疎通モダリティで人とマシーンのエクスペリエンスを再定義する、ソーシャルコンパニオン・テクノロジーを開発。デバイスがユーザーを学習・適応し、認知の自動意思決定を行い、ユーザーと積極的に対話する。 直感的エクスペリエンスの実現のため、AIの最新の技術とヒューマンロボットインタラクション分野の学術的リサーチを利用するマルチモーダル・インタラクションプロットフォームを構築。このプラットフォームはボディ・ランゲージ、光、音、映像、発言といったモダリティをシームレスに組み合わせ、マシーンに命を吹き込む。 イントゥイション・ロボティクスは2016年にイスラエルで創設され、米国カリフォルニア州にもオフィスを持つ。現在までに2200万ドルを調達、著名な業界の専門家らに支援されている。 最初の製品であるElliQは、高齢者向けプロアクティブ・ソーシャルロボットとして賞を受賞、現在米国にてベータテストを行なっている。ElliQは、家族や外界とつなぐことで高齢者が活発な行動、発話を継続することを目指している。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

ギル・ドタン

Managing Director

ギル・ドタンは、自動車業界にてセールス、B2B/B2Cマーケティング、製品開発、起業、事業開発の経験を持つ。会社設立以前はヒューレット・パッカードのInternational Technology Districtにてスタートアップ・スカウターを務め、その後Jungo Ltd (自動車ソフトウェアデベロッパー企業)にてグローバルセールスマネージャーを経験。テルアビブ大学 機械工学学士。

ガーディアンオプティカル・テクノロジーズ

ガーディアンオプティカル・テクノロジーズは、自動車製造会社のより安全かつ便利な「乗員認識」車両の製造を実現するためにデザインされた単一センサーに2D、3D、モーション分析をまとめた、車両内の占有状況を検知する革新的な特許出願中のセンサー技術を開発。この技術は車内全5席すべての占有状況を検知可能である。ガーディアンオプティカルのセンサーは車両の天井に取り付けられ、3Dマップ・機械学習と画像認識による動画・1ミクロメーターまでの動作検知の3層の情報によって、車両内部の全てをスキャン。心拍が生成する細微な振動により、あらゆる生体が検知可能となる。これら3つの情報層が、車両内の人数、その人物の車両内の正確な位置、乗員の身体サイズ、人物と物体の区別といったリアルタイムでのビッグデータの豊富な情報源を生成する。 この豊富なデータは様々なアプリケーションの構築、OEM、ロボタクシー、運行車両管理者などのユースケースに利用される。ガーディアンオプティカルは多数のアプリケーションを開発してきたが、現在も多数開発中である。ガーディアンオプティカルの全てのアプリケーションは最新の深層ニューラルネットワークとコンピュータービジョンのアルゴリズムを含んでおり、乗員の安全と快適性に要求される高い信頼性を提供することに特化して設計、構築されたアプリケーション各種に、様々な異なるニューラルネットワークを採用している。

イスラエル企業によるプレゼンセッション

井口 信太郎

バレンズジャパン株式会社 ジェネラルマネジャー

コンピュータ、通信ネットワークを中心にIT業界関連ビジネスにおいて35年にわたる経験を活かし、2009年よりバレンズセミコンダクターのビジネの立ち上げに参加。日本法人設立、ジェネラルマネジャーとして映像機器関連ビジネスを立ち上げ、現在は車載ネットワークへのアプローチを推進。

バレンズセミコンダクター

バレンズセミコンダクター社は、HDBaseT高速通信技術の発明により、一本のケーブルで、ビデオ、サウンド、コントロール、USB、Ethernet, Powerを同時に伝送することができる半導体を開発提供しているトップ半導体メーカー。既に業務用映像機器、自動車、産業機器そして家庭用機器に向けて、幅広く展開している。